/* 20240513設置 */

ホーム  >  京王線・八王子の不動産情報ブログ  >  2023年10月

「2023年10月」の記事一覧(2件)

相続税対策としてマンション購入をされた方
カテゴリ:不動産売却ー相続  / 更新日付:2023/10/16 23:50  / 投稿日付:2023/10/16 23:50

相続税対策としてマンション購入をされた方にお役立ち情報です

 


はじめまして。京王線北野駅・JR横浜線片倉駅で営業しておりますセンチュリー21HIDAMARI HOUSEです。

今回は、相続税対策としてマンション購入をされた方に相続税の新計算式についてご案内させて頂きます。

 

【総括】

{築年数×(-0.033)}+{総階数指数×0.239+所在階×0.018}+{敷地持ち分狭小度×(-1.195)}+3.220

=計算の結果が1.67を超えると新ルールで評価(現在の評価額×計算の結果×0.6)

 

【概要】

2024年1月からマンションの相続税の計算方法が変わる見通しです

背景には市場価格と相続税の評価額との乖離が看過できないほど広がったことによるようです。

今まではマンション価格の高騰に比べ戸建価格の上昇が緩やかであったため、マンションの方が評価額と市場価格の乖離が大きくなり、マンションの約65%は評価額が市場価格の半分以下であったようです。

その為節税対策でマンションを購入する人が増え、その結果価格が高騰するといった状況になっておりました

今回のルール改正のポイントとなる指標3点

1,   築年数

2,  階数

3,  面積

築年数は老朽化する程マイナスの係数をかけることで評価が下がります

階数は総階数と所在階の高さで評価増となるため、低層階の方が影響が少ないです

面積は敷地の持ち分と自室面積のバランスを見て調整されるため、狭いマンション程影響が少ないです

傾向として築年数の古いマンションは影響を受けにくい

       低層階は影響を受けにくい

       狭い土地、狭い自室面積は影響を受けにくい

となり、それ以外のマンションでは場合によっては1.5~2倍の評価増にもなるようです

1月の運用時点で国税庁が簡単に評価額を知ることが出来る計算機の様なツールを用意する予定の為、既に購入した方、これから購入する方も計算してみることをお勧めします

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

将来の住宅ローン返済に不安を感じている60歳以上の方へ
カテゴリ:不動産購入  / 更新日付:2023/10/16 23:46  / 投稿日付:2023/10/16 23:46

将来の住宅ローン返済に不安を感じている60歳以上の方へ

 


はじめまして。京王線北野駅・JR横浜線片倉駅で営業しておりますセンチュリー21HIDAMARI HOUSEです。

今回は、将来の住宅ローンの返済に不安を感じる60歳以上の方へお役立ち情報です。

 

【総括】

・住宅ローンの借り換え目的としてリバースモーゲージを利用することは、団体信用生命加入のメリット等を削ぐデメリットも持ち合わせており、安易な借り換えはリスクを増やす場合があると心得ましょう

 

【概要】

リバースモーゲージを住宅ローンの借り換えに使う人が増えている様です。

2023年4月から6月のリバースモーゲージ利用者の内、2割超が借り換え利用になっている様です。

背景に、まず住宅関連の負債の増加が挙げられ、50代は22年で平均1067万円、60~70代も600万前後の負債が残っている様です

また、国土交通省の調査で三大都市圏のマンションを初めて購入する者の平均年齢が39.9歳と高齢化していることも要因の様です

リバースモーゲージを利用するメリットとしては返済が金利のみとなるため、支払額を大きく減らすことが出来、表面的な負担を減らすことが挙げられます

実際は元金が返済されない為、長い将来にわたって金利負担をすることとなり、期間によってはその負担が大きく破綻リスクを内包します

その為安易な借り換えはリスクを背負う可能性があることを踏まえて検討した方が良さそうです。

住宅ローンは殆どの方が団体信用生命保険に加入されており、不測の事態(死亡・高度障害)が起きた時にはローンを完済できるメリットもあります

 

健康であるうちはパートタイマー等で働く機会も増えており、住宅ローンの返済を進めていくことが秘訣の様です。

 

ご相談頂ければよい良い提案をさせて頂けることもございます。

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

ページの上部へ